Day #107
How to Efficiently Grow Food

Day #107 @How to Grow a Huge Amount Of Food in a Limited Space

Abundant Urban Farmer. One woman in the suburbs of Melbourne and what she is doing to become self-sufficient.

bonsai 500x343 1

Activity#1A @Vocabulary Check & Preview

Find out how much you KNOW and how much you DON’T KNOW!

Activity#1B @Vocabulary Quiz & Check

For those of you unsure of your answers to the above activity, this one provides immediate feedback to many of the difficult words.  Go straight to the video if you are feeling confident. 

Activity#2@Interactive Video
Recall and Comprehension Check

Checking the Fitness of Your Short-term (or Working) Memory as well as your degree of  understanding.

Transcript And Translation

Translation  courtesy of Mari 

One of the things that’s so concerning about the state that we’re in at the moment is so many people are losing that connection to the land.
現在、私たちが置かれている状況で懸念していることの一つは多くの人が土地とのつながりを失いつつあることです。

So The Plummery has been an experiment in how can we regain that connection to food in the city.
そこで、ザ・プラマリーは、街の中で食との繋がりを取り戻す方法に関する実験をしています。

Is it possible to produce a meaningful amount of produce on a pretty standard sized urban block?
都市部のごく普通の大きさの区画で、それなりの量の農産物を生産することは可能なのでしょうか?

I guess the answer is: Yes! It is absolutely possible.
答えは、できます!絶対に可能です。

My name is Kat Lavers, I live at a place called The Plummery, which is a typical quite small suburban block on Wurundjeri country about six kilometers from the center of Melbourne, Australia.
私の名前はキャット・レーバースで、オーストラリアのメルボルンの中心部から6キロほど離れたウルンデジェリ地方にある、典型的な小さな郊外の区画である、ザ・プラマリーという場所に住んでいます。

I live here with my partner Danny and also very regular WWOOFers, people who come and stay with us and learn in exchange for board and food.
私はパートナーのダニーと、WWOOFERというボードや食べ物と引き換えに家に滞在して学習していく人たちと一緒に住んでいます。

The block is 280 square meters, which includes the house and some quite large areas that are not currently producing food.
区画は280平方メートルで、家のほかに、現在は食料を生産していない広い土地も含まれています。

The food-producing area is about a hundred square meters, so a 10×10 meter square.
食料生産地は約100平米なので、10×10メートルの正方形です。

In 2018 we harvested 428 kilos of herbs, vegetables, fruits, and eggs from this small space.
2018年には、この小さな場所から428キロのハーブ、野菜、果物、卵を収穫しました。

That amount of production has been enough to supply two adults and regular guests with almost all of our fresh produce, not just in summer but in the entire year.
生産量は、夏だけでなく年間を通して、大人2人と常連客に 新鮮な食材を供給するのに十分な量が得られています。

I’ve been on the site for 10 years.
私は10年間ここにいます。

When we first arrived it was a very rundown house, the garden was full of ornamental plants, it had lots of lawn, so we had a lot of work to do.
最初に来た時、家はとてもボロボロで、庭には観葉植物がたくさんあり、芝生がたくさんあったので、作業することがたくさんありました。

We’ve used a process called permaculture design to really get the most out of the space that we’re living in.
私たちは、パーマカルチャー・デザインというプロセスを用いて、今住んでいる場所を最大限に活用しています。

We’ve taken the time to observe the site, think about all the different seasonal implications of where we are, think about our own needs as humans,
and how to really make the site as elegant a design as possible so that we get more out than we put in, in terms of our effort and time.

私たちは、費やした労力と時間以上のものを得られるよう、時間をかけて土地を観察し、季節的な影響を考慮し人間としてのニーズを考え、できるだけエレガントな デザインにすることができる方法を模索してきました。

I’ve tried to work out what’s the optimum arrangement of vegetables to plant together in each bed so that they are all producing well and not competing with each other. それぞれの苗床にどのような野菜を一緒に植えれば、どの野菜もよく育ち、互いに競い合うことがないのか、最適な配置を考えてみました。

So we do plant really densely and we have a tight rotation system.
そのため、密集させて植え、ローテーションシステムも徹底しています。

We keep our quails in an aviary where they have concrete paving underneath and then a layer of mulch that becomes compost over time, something called a deep litter system. ウズラを鳥小屋で飼育しているのですが、鳥小屋の下にはコンクリートが敷かれ、その上にピート式鶏舎といわれる、時間が経つと堆肥になるマルチング材が敷かれています。

Quail are also really quiet animals, which is a huge advantage in small city blocks where you’ve got neighbors close by.
また、ウズラはとても静かな動物なので、狭い街区で隣人の家が近い場合には、とても助かります。

And most importantly for me this is a really really ethical solution where the quail have got something to scratch around in looking for bugs.
そして、私にとって最も重要なことの一つは、ウズラは虫を探すために辺りを引っ掻き回すので、実に倫理的な解決策なのです。

For me it’s really important if I am going to eat animal products that those animals have the best life that we can possibly give them.
もし動物性食品を食べるのであれば、その動物ができる限り最高の状態で生活できることが 非常に重要だと思っています。

So we’re not self-sufficient and we’re not really aiming to be self-sufficient here, what we are aiming for is community dependence.
そのため、自給自足をしているわけではないし、自給自足を目指しているわけでもなく、 地域社会への依存を目指しているのです。

We’re aiming to have most of our diet coming from either this household or within our bio region.
食事のほとんどを家庭からかバイオリージョン内でまかなえるようにすることを目指しています。

So of course we’re not self-sufficient in things like grain and dairy and oil, so we aim to source those from producers that are as local as possible and people that are managing land in a way that is consistent with having a future.
なので、当然、穀物や 乳製品、油などは自給自足していないので、できるだけ地元の生産者や、未来を見据えた 土地管理をしている人たちから調達することを目指しています。

My main income comes from working for a local council in Melbourne’s West running a program that teaches people about organic gardening and permaculture.
主な収入は、メルボルン西部の地方委員会でオーガニックガーデニングやパーマカルチャーを教えるプログラムの運営から得ています。

I’m also a freelance permaculture teacher designer, educator, facilitator.
また、フリーランスのパーマカルチャー講師、デザイナー、教育者、ファシリテーターでもあります。

Many people when I explain how much food we’re growing here think we must be full-time farmers, you know, slaving away in the garden to produce a little bowl of tomatoes, but it’s just not the case at all and in fact we think that we spend about 4 hours a week on average to grow that amount of food, which is a lot less than I expected it to be, to be honest.
ここでどれだけ食料を生産しているかを説明すると、私達が庭でせっせとトマト作りをしたりするような専業農家をしているのだと思う方が多くいますが、全然そうではなく、実はそれくらいの量の食料を育てるのに平均して週に4時間くらいかけていると思うので、正直なところ、思っていたよりもだいぶ少ないですね。

What does take a lot of time is setting up these systems, so implementing the design and also learning the skills to grow food.
時間がかかるのは、システムの設置なので、デザインを導入し、さらに食物を育てる能力を身につけることです。

Even then, that has all happened for us in the last five or six years.
それでも、ここ5、6年の間にすべてできています。

It’s actually quite achievable if you do want to prioritize that in your own life.
自分の生活の中でそれを優先させようと思えば、実はかなり実現可能なことです。

So lots of people tell me, ‘Oh this so exciting, I wish I could do that at home but I just don’t know really where to start. I don’t feel like I’ve got a lot of time.’ 多くの人は、「まぁ、とてもわくわくするわね。家でもできたらいいんだけど、 何から始めたらいいのか分からなくて。あまり時間もないし。」とおっしゃいます。

And so one of the best things you can do if you’re getting started is just start really small, start with a square meter; observe that, look after it. なので、これから始めるのであれば、本当に小さなこと、1平方メートルから始めて、それを観察し、世話をすることが最善の方法です。

You’ll actually get more produce out of a smaller garden that you’re managing and tending well than you will out of a huge garden that runs away and that you can’t observe properly.
あまり観察できないような広い庭よりも、しっかり管理し、手入れができる小さな庭のほうが、実は多くの収穫を得ることができるのです。

It’s really important that we start to build a bit more resilience into our cities and food is just one of the ways that we can build a level of resilience from those larger systems.
都市にもう少し耐性を持たせることが非常に重要で、食はそうした大きなシステムから耐性を構築する方法のひとつに過ぎないのです。

We know we have sometimes got crises going on, large floods, bushfires, let alone occasional economic instability.
経済的な不安定さはもちろん、大洪水や山火事といった大きな災害が発生することもあります。

In those times one of the things that becomes most critical, of course, is access to fresh produce, and the city might never feed itself completely in fresh produce but we can add a buffer, we can do something which minimizes the packaging, the transport, the fuel use, the chemical use, all the impact that comes along with conventionally produced foods.
そのような時には、新鮮な食材を手に入れることが最も重要なことの1つで、街の中では新鮮な食材で完全にまかなうことはできないかもしれません。包装、輸送、燃料の使用、化学物質の使用など、 従来の食品に伴うあらゆる影響を最小限に抑えることができるような緩衝材を加えることは可能です。

And something that to be honest brings us great joy while we’re doing it, as well.
そして、正直なところ、それを行っている間にも大きな喜びを感じることができるのです。