記憶と暗記:4つの
絶対的な必需品必需品
豚に乗る: 学習(すなわち、暗記と想起)戦略

Ride the

zzps 1 viclady2llshade

記憶と暗記:4つの
絶対的な必需品必需品
豚に乗る

アクティビティを使用する方法の説明とモジュールの紹介

各モジュールは、マルチセンスリーディング、リスニング、ウォッチング、フィーリングおよびシンキングで構成されます。創造的想像力を使ってこれらのすべてを結集し、統一のフレームワークを作り、その中核となるコンポーネントを自分のものにします。

さまざまなソースからコンテンツを借り、目標とするのは、単に覚えこのコンテンツを想起することだけでなく、他の類似のコンテンツでも同じことができるように学習パラダイムを確立することです。

もう1つの目標は、学習したいと思う内容を体験する方法を増やすこと。

意味を感じる:考えないで、感じよう!

あなたが最初にやるべきは、コンテンツの意味と感触を取り込むこと。

誤解が少ないことを保証するためにいくつかの言語には翻訳が提供されていますが、翻訳は非常に頻繁に主観的になりがちです。コアを理解している限り、それで十分です。どうしても翻訳が必要だと感じる場合には、Google翻訳を使ってください。

それから、あなた自身の性格、ニュアンスと特性でそれの内容を表現し、所有してください。つまり、自分のものにするのです。

流暢さの開発:流れにそって進もう!

前述のように、各モジュールには、できるだけ多くの感覚を使用できるように、リーディング、リスニング、ウォッチング、フィーリングおよびシンキングが含まれており、これを2つのセッションで実行します

1. あなたの心の中で英語のテキストを強化するためのシャドーイングの練習,

and

2. 流暢さを高める包括的なドリルセッション)。

これらのセッションの主な焦点は、自然なリズム、強調、イントネーション、発音で英語のコンビネーションを作成するために、視覚、聴覚、運動感覚、時間的感覚を最大限に活用することです。

記憶の作成!

ここにはさまざまな種類のゲームがあります! 少なくともそのように捉える必要があります。 記憶は退屈な作業になるべきではありません。この6つのステップの究極の目標は、あなたの記憶と学習の可能性を最大限に引き出し、時間を最小限に抑える術を学ぶことです。

少なくとも4つの感覚を利用して、多次元の視点から何かを見て、認識を向上させ、理解を強化し、すべての必要なつながりを深めましょう。

記憶:記憶をとどめよう!

あなたが学んだことを時間をあけて繰り返し、再度の「記憶の強化や利用」をすることが不可欠です。計算された間隔で学んだ内容を思い出すことで、必要なすべての接続が強化されます。これで忘れることはありません。

自分で作成した抽象的な記憶は、はっきりとした、本物の、そして具体的な実体を手にし、脳神経のシナプスにロックされます。言葉やフレーズ、それを発する人の気持ちなど、全てを捕まえ掌握すれば、あなたのものになります!

....あ、そうそう。ちょっとした補足があります。

上記には厳しいルールはありません。あなたがどのような学習者であるかによって変わります。何でもOK! 必要に応じて、ルールに従ってください。 壊すのもあなた次第!

There is no hard and fast rule to the above. It all depends on what kind of learner you are. ANYTHING and EVERYTHING OK! Rules are there to follow if you need them. Or break them if that's the case.

Make up your own! .... Play it your way!...All that has come before, and all that comes after! Tear it all down!.

Click on the icons below for your free mini-memorization modules

Sounds
#1

Sounds
#2

Sounds
#3

Sounds
#4

Click on the image below for more

Click man reading book for more free content

Go here for more details

<---

Use as many senses as possible

.................

...........................

...........................

豚をクリックして紹介に戻ります。。

Return to Introduction by clicking the pig